【三陽】野毛ビギナーへの洗礼!元祖きたなシュラン三ツ星店

三陽(さんよう)は、野毛小路から一本脇道へ入ったところにあるド派手な入り口が目印の中華料理店です。

毛沢東もビックリ」でお馴染みの三陽です。中華ってやはりイエローが良く映えます。

そして、金赤(マゼンタ100%+イエロー100%)の文字がさらに印象的。とりあえず上の看板のメニューを眺めるだけでもすでに3割ほど三陽を楽しめます。

このぶっ飛んでいる雰囲気が野毛だから許されるような感じもあります。

オープン日は1968年2月。

その歴史は長く現在(2019年)からだと創業51年です。

ちなみにお店は数件挟んでもう一店のスペースがあります。

 

桜木町から向かってくるとまず先に、右手前のお店が見えてきます。左奥にもう1つの三陽の看板があります。今回はそちらをご紹介、基本どちらも同じメニューとなっています。

三陽の魅力

店内は昔ながらの中華料理店といった感じ。いい感じに年季を感じます。店内は油感がすごいかな?という感じがして、逆に美味しさを期待させます。

そして三陽は、あちこちのブログに掲載されていますが「きたなシュラン」で初めに三ツ星を獲得したお店でもあります。

きたなシュランとは
店構えは汚いけれど、その味は抜群に美味い店を紹介する、『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)の人気コーナーです

店内はいろいろとインパクトのある張り紙やコメントがあります。テーブルには「おつまみ三兄弟」

スタッフさんは、中国の方と思わしき方がいて中華本場感があります。

外の看板には「高倉健のライバル、なま倉健」とお店の方の写真が。すでになんだかよくわからん。

お客さんは、中年層(30〜40代)のお客さんが多く、古くからこの店を愛しているお客さんが多いといったイメージです。

料理のおすすめは餃子にんにくがたっぷりと入っていて、外側はしっかりとカリッとした焼けています。その他のメニューに関しても王道の中華料理が揃っています。

また、三陽は某有名アーティスト横浜ベイスターズの選手も食べに来る味とのこと。

三陽をかいつまんで言うと

  • 店のトレーナーが6,000円で販売されている
  • ジョークな下ネタメニュー名が多い
  • 店内が長年の油により良い意味で年季がある

先に言っておくと、OLさんが仮に会社の上司に初めてこのお店に連れてこられた場合、店内に侵入した瞬間からすでに上司のセクハラが始まっていると思って覚悟しましょう。

三陽のメニュー

メニューはオーソドックな中華メニューですが、そこに書かれているキャッチコピーが面白いです。餃子であれば「毛沢東もびっくり」やエビチリは「エビ餌でタイを釣る、タコ、フグは餌なし」など。

ラーメン類メニュー。

ギャルのアイドルチン◯ンラーメン」の名前のインパクトが凄まじい。

味噌ラーメンのキャッチコピーは「ガン予防」。味噌ラーメンにこんな風に書いてあるのは初めて見ました(笑)

チンギスハーンもいきり立つ「チョメチョメ麺」のネーミングもぶっとんでます。

が、しかし、こんな冗談混じりなメニューですが三陽がそれでも人気の理由は味がしっかりしてどれも美味しいからなのです。美味しいだけじゃない、遊び心が三陽にはあります。

野菜炒めはシンプルに「おいしい野菜炒め

サイコロステーキはメカケの子。。。。

こちらのメニューは割と落ち着いているかと思いきや、スペアリブが「子豚・処女豚・たね豚」。メニューから気が抜けません。

なんか書きたいんでしょうきっと。

点心や前菜メニュー。おそらくこれが一番まともなメニュー表です。

 

やっと普通のメニュー表かな、と思いきや、チンチンスープ。やはり気がぬけません。

 

こちらは定食セットメニュー。定食名は社会的階級の役職名になっています。会長定食より壁ぎわ定食のほうが値段が高いので、階級は値段では無いようです。

 

ドリンクメニューも下ネタが全開です。

テポドンサワーほど名前にパワーがあるサワーが今まであっただろうか。上部のメニューに関しては、もうオーダーするだけで辱めをうけている気分になります。

ビールの名前に関してもツッコミどころが満載です。

フード

ニンニク唐揚げ

揚げニンニクに濃厚な味噌ダレがかかっていてクセになるかも。

 

餃子 400円

こちら三陽の看板メニュー。看板に恥じることなくニンニクがきいていて焼け具合が絶妙な美味しい餃子。

 

チンチンラーメン(タンメン風味) 730円

気づいたら美味しくて全て食べた後です。マジです。

あっさり目の味で、食が進んでしまいました。こちらも三陽でオススメしたいメニュー。

そして、もう一つ推しですが、通常の醤油ラーメンも飲んだ後に食べるとめちゃくちゃ美味しいので是非。

ドリンク

おっぱいサワー 480円

名前からして何か違う色やものを想像しますが、いたって普通のラムネと焼酎で、間違いのない味です。ただこれは、このメニュー名をオーダー時に口にするために存在しているドリンクなのですね。会話に花を添える効果も

お会計

★1,610円 

  • 餃子 400円
  • チンチンラーメン(タンメン風味) 730円
  • おっぱいサワー 480円

※ニンニクは忘れました。お通しだったかな?

まとめ

三陽は、ド派手な看板を掲げている美味しいだけじゃないジョークの利いた中華料理店です。その下ネタ混じりのメニューとは裏腹に味はしっかりしていてどれも美味しい。

特に餃子とチンチンラーメンは看板メニューとあって是非食べていただきたい味です。昼から飲める店としても利用できるので三陽は野毛初心者にも楽しめるお店です。

お店情報

三陽(さんよう)

住所

神奈川県横浜市中区野毛町1-36

交通手段 市営地下鉄ブルーライン桜木町駅から徒歩2分
桜木町駅から108m
営業時間 月~木 11:00~23:30
金・土 11:00~24:00
日 11:00~22:00
日曜営業
定休日 不定休
シチュエーション × ジャンルで検索
×
イチオシ店味・安さ・雰囲気で選んだ管理人おすすめのお店