野毛飲みcomについて

野毛飲みcomとは

2018年12月開設。横浜市中区 野毛の飲み屋情報を、投稿者の主観で綴った野毛飲み情報サイトです。

ちなみに野毛には飲み屋600店舗以上あると言われています。どこまで行けるかわかりませんが数年かけて訪問してみようかと。

飲み屋情報については、基本的には訪れたことのあるお店を綴っています。個人的主観の為、時折適当な文章なってしまいますがそこはご愛嬌。

お店についてはただの感想文にならないように、できるだけ野毛らしさや、お店のバックストーリーについて触れられたらと思っています。※あくまで公開されている範囲を参考としています。

そして、お店の良いところを自分なりの感想として綴って行き、野毛のお店に行ってみたいと思えるようなサイトになれば幸せです。

なんてったって、愛すべき野毛ですから

 

あと、気まぐれで野毛外のお店も紹介していきます。

 

※毎回紹介したお店の最後にお会計を記載していますが、メニューの料金をそのまま合計して書いてあるだけです。目安参考程度で。

※お店の情報については、できるだけ公平な記載を心がけ、ありのままをお伝えしていきたいと思います。

野毛飲みcomを作ったきっかけ

サイトを作ったきっかけは、いろいろなお店に訪問していると酔った時などにパッとそのお店が出てこず、そんな時にあったら便利だなと思って作ったのがきっかけです。

野毛エリアの紹介範囲

このサイトの野毛エリアの定義ですが、ざっくりと本来の野毛町よりは広めのエリアとなっています。

南は、川を境に都橋まで、西は日の出町駅前の交差点あたりから、野毛坂交差点まで。

ちぇるる野毛(旧トポス)の裏あたりもオシャレで気になるお店が増えたので、紹介エリアに入れています。ちなみに、ちぇるるのHPのキャッチコピーは「魅惑の38店舗」。さすがのコピー。

北は、本町小学校のちょっと手前くらいですね。で、東はぴおシティまでといったところです。

野毛は野毛小路の看板があるあたりが一番人がごった返してますが、ちぇるる野毛の裏もいい感じなのです。

 

↓本来の野毛と言われる範囲はこちら。

中心部でいうと、現在のちぇるる前のカラオケ館が位置しているところです。

こうしてみると、今回定義したエリアは、野毛町を中心を広がったエリアとなります。

まさか、老舗駄菓子屋の「なまこや」のあたりまでオシャレで良い雰囲気の飲み屋が広がるとは思ってなかった。

野毛のお店マップ

小さくて見えないかもしれませんが、これだけあります(笑)

中央付近がちぇるる野毛ですね。

野毛の由来

wikiには町名の「野毛」は、「ノツケ」(「突端」または「崖」を意味)から転じたと。

しかし、諸説あるのかないのか、「野毛」は「のげ」と読みますが、野毛町が飲み屋街になったのは一説に「野毛」を「のもう」=飲もうと呼べるからなんてことも。そして、飲みすぎてヤケ(野毛)になるなんて話があったり。

また、野毛はもともと焼き鳥店がひしめき合うエリアとして有名な飲屋街でしたが今はではオシャレなお店が増え、老舗新しいお店がうまく調和し合う新しいスタイルの街に変化しています。

野毛飲みcomの管理人について

管理人

アラフォーおっさん。エイさんです。

趣味は飲み歩きとランニング(100km以上走るウルトラマラソンランナー)。野毛の隣、福富町で幼少期を過ごした生粋のハマっ子。メリーさんとあぶない刑事をよく野毛で見かけて育ったのは淡い想い出。

職業はWEB関係。

好きなお酒:赤ワイン、バーボンウィスキー、ジャックター、コーヒー割り

幼少期お世話になった店:かめや 寿司、三幸苑、洋食キムラ(初代)、焼肉 京城苑、お好み焼き みかさ、駄菓子屋なまこや