【浅見本店】(横浜橋) 明治創業の伝説の角打ち!つまみ50円〜のせんべろ

浅見本店は、横浜橋商店街からすぐ、市大通りに面したところに位置している角打ちせんべろ店です。最寄駅は横浜市営地下鉄 阪東橋駅と伊勢佐木長者町駅の中間、両駅からおおよそ10分ほどでしょうか。

浅見本店の入り口。アイスの冷蔵庫を界に左側が酒屋販売として、右側が角打ちスペースとなっています。

浅見本店は神奈川県横浜では明治創業100年以上続く超老舗店です。筆者の家から徒歩10分くらいの場所にあって入店したことがなかったので、「野毛飲みcom」やっててよかったなと。

余談ですが、このサイトを運営するにあたり、今まで気になるだけだったお店も積極的に入店するようになり、そして知らなかったお店の歴史を調べて知るようになったことは、自分にとってとても勉強になることでした。

浅見本店の魅力

立ち飲みのカウンター年季を感じます。お代は先払いのキャッシュオンです。

カウンター越しには缶詰などのおつまみのほかボンカレー(180円)めんつゆ(?)などが並びます。

浅見本店は、創業は明治からですが角打ち立ち飲みを始めたのは昭和に入ってからとのこと。現在の社長で3代目です。がしかし、家族が4代目として次を継ぐとのことですが、立ち飲み形式行わない予定としているそうです。少し寂しい気もありますが時代の流れもありますね。

角打ちとは
酒屋で購入した酒をその場ですぐ飲むことのできるお店のスタイルのこと。主に店の敷地内にカウンターテーブルがありその場所で立ち飲みができる場所が多い。通常酒代だけで飲めるので安く済む。角打ちの由来は「四角い枡の角」または「酒屋の店の隅(角)」などと言われています。

カウンターテーブルのところどころにガムテープで修復の跡が。こういうところも素敵ですね。があるというか、きっとカウンターもいろいろな人に触れてきたであろう時間を感じさせてくれます。

 

上を見上げると振り子時計が。これきっと本当に昔っからあったものでしょう。ちなみに時計は止まっていました。

静止している時計の時間とともに、あの日から変わらず浅見本店があるんだなぁと勝手に1人考えていました。

 

おつまみ。

ゲソとかイカの駄菓子屋を彷彿とさせるつまみが!生ビールサーバーもあります。

なんだか大人の駄菓子屋に来たみたいにテンションがあがります。とにかく安さもさることながらつまみのセレクトが良い。南高梅は壺に入ってたので今度頼んでみようかな。

席スペースは、全て立ち飲みで12〜15人くらいは入れそうな広さです。

この日は、女将さんと店主さんがお店に出ていました。女将さんは注文時いろいろと気を使ってくださりとても気遣いの優しい方でした。

お客さんは、先客で常連と思わしきおじさまとお姉さま方が数名。おつまみをお客さん同士で奢ったりしながら楽しく飲んでいました。地元民にとても愛されている雰囲気です。

また浅見本店は朝9時から飲める貴重なお店です。お客さんも午前中から飲みきたりするんだとか。休日どこか出かける前に一杯飲んでから。なんてこともいいかもしれませんね。

浅見本店のメニュー

生ビールは380円と安い!

シークワァーサー割りを見て驚愕しました。お酒量り売りなんですね。焼酎とシークワァーサーの分量で値段が変わります。通常310円ですが、共に半分の量ならなんと仰天!170円で飲めます。

 

お酒のメニューは壁に貼ってあります。純米酒270円など安いです。ワイン(赤/白260円)もありました。

そして驚くべきは浅見本店の目玉カップつまみ(各種 50円)です。カップつまみは、まぐろやお新香類など様々なものがあり、お酒をメインに飲みたい人には最適なメニューです。

 

フード

カップつまみ(まぐろ 3切れ) 50円

かわいいカップに入ってやってきました。ちょうどいいサイズのちょうどいいお値段。これでいろいろ選べるのだからカップつまみは是非おすすめです。

 

ところてん 150円

女将さんがパッケージを開けて準備してくれました。後追いでのお酢(写真右奥)も別途いただき、「お酢足りなかったらこれ使ってね」と。なんともお優しい。

 

ドリンク

生ビール (キリン)380円

グラスもひんやりしていてビールが美味しい。

 

静岡産 浜松ルビーグレープフルーツ (クラフトチューハイ)250円

二杯目は、何にしようかなと思い壁に貼ってあった写真のこれにしました。瓶でぐっといきたいところでしたが、グラスを出してもらったのでグラスでぐびぐびと。グレープフルーツのさわやか香りが広がります。

 

お会計

★830円

  • カップつまみ(まぐろ 3切れ)50円
  • ところてん 150円
  • 生ビール (キリン)380円
  • 浜松ルビーグレープフルーツ 250円

まとめ

浅見本店は、横浜では明治創業100年以上営まれている酒販店です。現在は3代目の社長が経営中。お店は角打ちスタイルのせんべろで、もちろん酒屋なのでお酒を買うだけのお客さんもいます。

お店は長い歴史を感じさせる味があり、朝9時から営業しているので午前中に軽く一杯なんてこともできます。おつまみはカップつまみ50円が是非おすすめ!浅見本店は常連から愛された角打ちでとても居心地が良いお店でした。

お店情報

浅見本店

住所

神奈川県横浜市南区万世町2-27

交通手段 京浜急行黄金町駅から徒歩15分 横浜市営地下鉄坂東橋駅から徒歩10分
横浜市営地下鉄伊勢佐木長者町駅から徒歩10分
阪東橋駅から523m
営業時間 月・火・木・金・土 9:00~20:00
日 9:00~19:00
日曜営業
定休日 水曜日
シチュエーション × ジャンルで検索
×
イチオシ店味・安さ・雰囲気で選んだ管理人おすすめのお店