【アポロカンパニー】世界のビールとワインがお出迎え!ヒューガルデンの生みの親が残した「白ビール」が飲めるバルは野毛でココだけ

APOLLO Company(アポロ カンパニー)は、野毛は都橋よりに位置したところにあるダイニングバーです。

こちらは入り口。

お店の外観からも分かる通り、洋風テイストの作りでとても雰囲気があります。店内の家具は、スタッフのこだわりあるアンティークのテーブルや椅子が揃う空間で温もりが感じられるのが特徴です。

オープン日は、2008年10月です。

アポロカンパニーの魅力

アメリカンな酒場というイメージがします。

 

内観は、レンガ調の壁も店内にとてもマッチしています。照明も暖かみがありアットホームな空気さえ感じてきます。

席数は、全23席で、カウンター席やテーブル席があります。また店先の外席もあり夏は夜飲みなんかもいいかも。

営業時間は長く、深夜2時(ラストオーダー1時)まで営業しているのが嬉しいところ。

スタッフの方は、物腰の柔らかい方ばかりでとても愛想の良い方々でした。お酒の説明から料理まで詳しく親切に教えてもらい楽しい時間が過ごせました。

本当に深い知識をお持ちで、1人で飲みに行ってその話を聞いているだけでも楽しめます。

お客さんの様子は、30〜40代くらいの方がいて比較的落ち着いてお酒を飲んでいる人が多くいました。さしずめお酒の味が分かる人が好むお店といった感じでしょうか。

アポロカンパニーの特徴は、豊富な種類の「地ビール」や「ワイン」が魅力的です。

ビールは、入れ替わりで樽生が選べます。この日は入っていませんでしたが、アポロカンパニーは、野毛でココだけでしか飲めないピエール・セリス白ビールが楽しめます。

ピエール・セリスとは
ベルギーのヒューガルデン村に生まれビール醸造に貢献した人物。その村で醸造されていたホワイトビールを1966年に復活させ、ヒューガルデン・ホワイトを誕生させたました。その他、セリス・ホワイトなどが有名で、この白ビールはオレンジやグレープフルーツを思わせるフルーティーな香りが特長です。

アポロカンパニーのメニュー

この記事を書く前に何回か訪問していたので今回はまとめて書いていきます。

こちらはその日の樽ビールのメニュー。上からハーベストムーン、うしとらブルワリー、ヴァンスティングベルグ醸造所、そしてエーデルピルスです。

エーデルピルスはサッポロのビールで、入れているところは滅多に見ないかも。

 

こちらがまた別の日のビールリストです。店員さんに聞いたところ、ビールは樽がなくなったら変えたり、一定の周期で内容を変えたりしているそうです。

そしてこの日は、サッポロ 白穂乃香がありました。飲み口は白ビール。

白穂乃香とは
一般的なビールと異なり、活きた酵母の入った無濾過のビールです。デリケートなためしっかりとした品質管理が必要となり、缶や瓶などで提供されていないことが特徴。白穂乃香は厳選した一部のお店でだけ飲めるビールです。

こちらもかなり希少なビールです。たしかビールを入れるにしてもメーカーからの設置環境基準を通ったお店でしか置けないと聞いたことがあります。

故にこだわりのあるお店が白穂乃香を提供しているとわかります。

 

こちらはワインメニュー。

ぶどうの品種バリエーションも豊富です。

 

フードメニュー。

黒毛和牛のレアカツが美味しそう。

 

こちらもフードメニュー。

シャルキュトリーがありました。

シャルキュトリーとは
食肉加工品全般の総称です。chair(肉)+cuite(火を入れる)という意味から来ています。肉は、ハム、ソーセージ、パテ、テリーヌなどで、豚肉を原料とすることが多く、また鴨やジビエなどを使うことも。

 

壁にはおすすめメニューも。

フード

お通し。

しっかりとした作りで、スペイン風オムレツのような食感。これだけでも別に頼んでいいかなと思える美味しい一品でした。

 

マッシュルームとクレソンのサラダ 850円

サラダドレッシング美味しくマッシュルームと合っていました。

 

自家製チキンナゲット 650円

これは旨かった。周りがカリッとしています。説明するのが難しいのですがナゲットの肉の揚げ具合なのか、一口目で「これ美味しい」と口の中が幸せになる味です(笑)

 

アヒージョ

あつあつで、バケットとの相性◎ぴったり。

 

チリビーンズタコス 650円

なかなかのボリュームで、ビールにぴったりのおつまみです。

ドリンク

エーデルピルス 700円

いっときこのエーデルピルスがよく行っていたバーに置いてあり、よくこれを飲んでいました。サッポロのプレミアムビールのカテゴリに入ります。一口飲むとすっきりとした味わいとホップが生む爽やかな苦味が広がりをみせてくれます。

エーデルピルスとは
「高貴な」=エーデル、ピルスという意味。ドイツの伝統的製法で醸造された麦芽100%のピルスナーで、技術者のこだわりが詰まったビールです。ホップは通常の3倍を使用しているため、苦味に特徴があります。ビールの注ぎは三度注ぎを推奨しており三度注ぎによる「スフレ泡」で香りがさらに引き立ちます。ちなみに、エーデルピルスは過去に缶や瓶でも販売されていました。

 

サッポロ 白穂乃香 850円

前にウミネコで知ってからずっと飲んでみたかった白穂乃香。白ビール好きなので間違いなかったですこちらも。さきほどのエーデルピルスとは違い、フルーティな味わいがあり上品さも兼ね備えています。

 

キリン ハートランド 650円

麦芽100%、ホップ100%のキリンプリミアムビールで、苦味は控えめで若い人にも飲みやすいビール。筆者はお店でこれが選択できるなら、かなり好んでオーダーします。それほど好きなビールです。また、個人的にこのボトルのデザインが好きです。

お会計

  • マッシュルームとクレソンのサラダ 850円
  • 自家製チキンナゲット 650円
  • チリビーンズタコス 650円
  • アヒージョ 価格忘れ
  • エーデルピルス 700円
  • サッポロ 白穂乃香 850円
  • キリン ハートランド 650円

チャージ200円。複数回の訪問なので価格は合計せず。

まとめ

APOLLO Company(アポロ カンパニー)は、野毛は都橋よりに位置したところにあるダイニングバーです。店内は洋風テイストの作りでとても雰囲気があります。店内の家具は、スタッフのこだわりあるアンティークのテーブルや椅子が揃う空間で温もりが感じられるのが特徴です。

営業時間は長く、深夜2時(ラストオーダー1時)まで営業しているのが嬉しいところ。スタッフの方は、とても親切で愛想の良い方々でした。お酒の説明から料理まで詳しく親切に教えてもらえ、一人飲みでもお酒をいろいろ知ることができるかも。

お酒の味が分かる人が好むお店といった感じで、豊富な種類の「地ビール」や「ワイン」が魅力的です。ビールは、入れ替わりで樽生が選べ、希少なピエール・セリス白ビールもタイミングによって置いてあることも。

お店情報

APOLLO Company (アポロ カンパニー)

住所

神奈川県横浜市中区花咲町1-9 1F

交通手段 JR「桜木町駅」より徒歩5分
京急「日ノ出町駅」より徒歩7分
桜木町駅から227m
営業時間 月~日
17:00~翌2:00 (L.O 1:00)
定休日 年中無休
シチュエーション × ジャンルで検索
×
俺ログ3.5以上味・安さ・雰囲気で選んだ管理人おすすめのお店